コロナに有効とされるイベルメクチンを手に入れるために

イベルメクチンはどうしてコロナに効く?

「イベルメクチンはどうしてコロナに効く?」のイメージ画像

そもそも、イベルメクチンが新型コロナウイルス感染症に対して効果を発揮するのでしょうか?

こちらのページではそんなイベルメクチンの効果について紹介していきます。
イベルメクチンにはウイルスの持つ、免疫抑制作用を阻害する働きがあります。
本来、ウイルスは体内に侵入すると免疫抑制作用を発揮することで、免疫からの攻撃を受けずに増殖して、病気が発症します。

しかし、イベルメクチンにはこのウイルスの免疫抑制作用を阻害することで、体内にウイルスが侵入しても、免疫が正常に働くことでウイルスを攻撃して増殖するのを防いで病気の発症を予防します。
当然、新型コロナウイルスにも同様の効果が期待できるので、イベルメクチンを服用することで新型コロナウイルス感染症の症状を改善へと導きます。

また、イベルメクチンには上記のウイルスの持つ作用を阻害するだけでなく、炎症を抑える抗炎症作用もあります。
この抗炎症作用の働きによって、新型コロナウイルス感染症の症状である肺炎を抑制します。

新型コロナウイルス感染症は重症化することで、肺に炎症を起こして呼吸困難などに繋がり非常に危険です。
しかし、イベルメクチンを服用することで炎症を防ぐと、コロナウイルス感染症の重症亜kを防ぎ、万が一感染したとしても軽症などの軽い症状で改善することが見込めるのです。


TOP